ことば百科

暦のことば・年齢ことば
私たちはふだんの生活の中で、暦や年齢に関することばを何気なく使っている。 だが、意外とその正しい意味を知らない場合が多い。そこで、ここでは日本人として知っておいたほうがいい と思うものをあげておいた。

|  ▼ 二十四節気 |  雑節 |  年中行事 |  国民の祝日 |  月の異名 |  六曜 |  その他 |

(りっ‐しゅん) -->2月4日ごろ
冬から春に移るとき。
雨水(う‐すい) -->2月19日ごろ
雨水がぬるみ、草木の萌芽のきざしが見えてくる。
啓蟄(けい‐ちつ) -->3月6日ごろ
土の中で冬ごもりしていた虫が地上に出てくる。
春分(しゅん‐ぶん) -->3月21日ごろ
春の彼岸の中日(ちゅう‐にち)
清明(せい‐めい) -->4月5日ごろ
桜や草花が咲き始め、すべてに清新さがあふれてくる。
穀雨(こく‐う) -->4月20日ごろ
雨の降る日が多く、穀物などの生長を助ける。
立夏(りっ‐か) -->5月6日ごろ
夏の気配が感じられる。
小満(しょう‐まん) -->5月21日ごろ
万物が天地に満ち始める。
芒種(ぼう‐しゅ) -->6月6日ごろ
梅雨入りの前で、田植えを始める時期。
夏至(げ‐し) -->6月21日ごろ
夏季の真ん中で、梅雨の盛り。
小暑(しょう‐しょ) -->7月7日ごろ
この日から暑気に入り、暑さが日増しに加わる。
大暑(たい‐しょ) -->7月23日ごろ
最も気温の高い季節である。
立秋(りっ‐しゅう) -->8月8日ごろ
残暑は厳しいが、秋の気配が感じられる。
処暑(しょ‐しょ) -->8月23日ごろ
暑さがやみ、涼風が吹く初秋のころ。
白露(はく‐ろ) -->9月8日ごろ
秋気が加わり、草の露に秋を感じる。
秋分(しゅう‐ぶん) -->9月23日ごろ
秋の彼岸の中日(ちゅう‐にち)
寒露(かん‐ろ) -->10月9日ごろ
秋が深まり、朝晩は寒気を感じる。
霜降(そう‐こう) -->10月24日ごろ
秋も終わりで、霜が降りるころ。
立冬(りっ‐とう) -->11月8日ごろ
このころから冬に入る。
小雪(しょう‐せつ) -->11月23日ごろ
寒さもそれほど厳しくなく、雪も本格的ではない。
大雪(たい‐せつ) -->12月7日ごろ
北風が吹き、冬の到来が感じられる。
冬至(とう‐じ) -->12月22日ごろ
冬の真ん中で、次第に寒さも厳しくなる。
小寒(しょう‐かん) -->1月6日ごろ
本格的な冬で、寒さと雪が激しくなる。
大寒(だい‐かん) -->1月21日ごろ
一年で最も寒い時期である。

ページトップへ