ことば百科

季語
俳句には季節を表わす詞(ことば)「季語」を必ず入れます。ここでは春(二~四月)、夏(五~七 月)、秋(八~十月)、冬(十一~一月)と新年の五つの季節に分け、さらに天文、人事、動・植物 などに分類しわかりやすくまとめました。

| ▼ 時候 |  天文 |  地理 |  人事 |  動物 |  植物 |

あたたか 暖か
うすい 雨水
うららか 麗か
おそきひ 遅き日
かわずのめかりどき 蛙の目借時
かんあけ 寒明
きさらぎ 如月
きゅうしょうがつ 旧正月
くれかぬる 暮れかぬる
くれのはる 暮の春
けいちつ 啓蟄
このめどき 木の芽時
さえかえる 冴返る
さんがつ 三月
しがつ 四月
しゅんかん 春寒
しゅんぎょう 春暁
しゅんしょく 春色
しゅんちゅう 春昼
しゅんぶん 春分
せきしゅん 惜春
そうしゅん 早春
ちじつ 遅日
ながきひ 永き日
なつちかし 夏近し
なわしろどき 苗代時
にがつ 二月
のどか 長閑
のどけし
はちじゅうはちや 八十八夜
はなびえ 花冷
はる
はるあさし 春浅し
はるおしむ 春惜しむ
はるたく 春闌く
はるたつ 春立つ
はるのくれ 春の暮
はるのよ 春の夜
はるふかし 春深し
はるめく 春めく
ばんしゅん 晩春
ひがん 彼岸
ひなが 日永
ぼしゅん 暮春
やよい 弥生
ゆくはる 行く春
よかん 余寒
よわのはる 夜半の春
りっしゅん 立春

ページトップへ

>